女の人

老人ホーム選びは情報収集が重要|快適なホームで充実ライフタイム

介護保険の請求

パソコンを操作する女性

介護保険請求省力化と工夫

介護保険制度は、原則利用者の負担と保険料や税金で賄われています。利用者負担に外の部分を国民健康保険団体連合会いわゆる国保連に請求を行いますが、その国保連への請求の仕方は、紙による請求書類の作成と電算システムによる請求とが可能になっています。この電算システムでの請求は、国保連中央介護伝送ソフトと呼ばれる専門ソフトを利用するようになります。紙での請求では、紙代や印刷費、インク代などがかかることから、電算による請求の方が雑費の負担の節約につなげられるものです。国保連中央介護伝送ソフトの利用は、請求する側にとっても請求を受ける国保連側にとっても、双方に大きなメリットがありますので、利用をしない手はないと言えるでしょう。

伝送システム利用の工夫

国保連中央介護伝送ソフトの利用では、被保険者番号などの番号など、数字化された請求書類になってきます。ただ、作成時にはその数字化されたもので済むため、選択ミスなどさえなければほぼ確実に請求が通るものです。それだけ便利になっているわけですが、この国保連中央介護伝送ソフトでは、さらに使い慣れてくると時間の節約に繋がり、本来の介護保険サービス提供により専念できるようになるでしょう。しかもソフトの利用は、サービスの提供の種類なども見えてきます。すなわち、得意なサービスと不得意なサービスとの傾向がはっきり見えてきます。ソフトの利用で、事業のサービス提供の見直しなどにより事業の効率化なども行えるようになるメリットや、事業展開の工夫の余地が生まれてくるものです。